特別オファー  エンジン型式:AWU 年式:02-05 ターボ 型式:1.8L Beetle New 車種:VW SD334041R プラズマダイレクト PROJECTS ■OKADA-その他

(for vocal browsers: toc, main)

Google
WWW 全体 【関西、関東限定】取付サービス品サイドステップ【ノブレッセ】AQUA タイプユーロ サイドステップ 塗装済品 [カラー]グレーメタリック 1G3 × ガンメタ (塗り分け)

特別オファー エンジン型式:AWU 年式:02-05 ターボ 型式:1.8L Beetle New 車種:VW SD334041R プラズマダイレクト PROJECTS ■OKADA-その他!

2019 バルバドス 海面下の世界:イルカ 銀貨 5オンス アンティーク風 箱とクリアケース付き 新品未使用


適合車種:VW New Beetle 型式:1.8L ターボ 年式:02-05 エンジン型式:AWU

【PlasmaDirect とは】
プラズマダイレクトは、昨今のダイレクトイグニッションシステム車に対応するために開発された最新の点火チューニングパーツです。点火エネルギーを増大させるシステムを独自の技術でイグニッションコイルと一体化。配線や接点で発生するロスや抵抗が一切無いので、最強の点火チューニングを行なうことが可能です。
取り付けは、ノーマルのコイルと交換するだけなので、簡単に点火チューニングが完成します。

【PlasmaDirect 製品特徴】
通常1回だけのスパークを3回以上発生(マルチスパーク)させ、さらに2次電流値を純正コイルの約2倍にまで増大させることで燃焼効率を向上させます。
特にこのマルチスパークは、100万分の1秒という単位で発生させるため、高回転域に至るまでマルチスパークを持続させることが可能です。フルチューンエンジンでも充分に追従できるスペックを確保しています。
街乗りから競技まで様々なドライビングシーンで効果を発揮することができます。

【PlasmaDirect オシロスコープによる性能確認】
◆点火エネルギーを約2倍までに増加
点火のエネルギーを約2倍にまで増大させることで、火種となる火炎核を確実に成長させ、燃焼効率を向上させます。

◆マルチスパーク(複数回点火)を発生
通常ノーマルのスパークは1回だけですが、プラズマブースターはマルチスパーク(複数回点火)を発生させます。 それも100万分の1秒という単位で瞬間的に発生させるため着火性能を大幅に向上させます。

◆点火ノイズを減少
混入する異常なノイズをカットすることで、誤動作を防止し常に安定したスパークを実現します。

【PlasmaDirect 装着による効果】
◆エンジン性能の向上
・パワーアップ---火炎伝播速度を上げ、燃焼効率を向上させます。
・トルクアップ---今まで排出されていた未燃焼燃料を燃やします。
・レスポンスアップ---燃焼速度が速くなるので、反応が早くなります。
・始動性の向上---点火エネルギーの増加で、着火性能を上げます。
・振動の低減---燃焼が安定するので、エンジンの振動が低減します。
・ブーストの立ち上がり向上---排圧の変化で、ブーストの立上がりが向上します。
・ブーストの安定---燃焼効率の向上で、排圧脈動が低減、ブーストが安定します。

◆エンジンに優しい
・ノッキングの減少---燃焼速度が速くなるので、ノッキングが起こる前に燃やしきります。
・カーボンの蓄積低減---完全燃焼を促進し、燃え残りを減少させます。
・エンジンの延命---ノッキングやカーボンを減少させ、エンジンの負荷を少なくさせます。

◆環境に優しい
・有害排出ガスの低減---完全燃焼を促進させ、CO、HCを削減 させます。

◆その他の特徴
・プラグへのダメージがありません
・ノーマルコイルを交換するだけなので作業ミスが少ない


※適合をメーカーサイトにてご確認ください。。

»(もっと詳しく知る)

特別オファー エンジン型式:AWU 年式:02-05 ターボ 型式:1.8L Beetle New 車種:VW SD334041R プラズマダイレクト PROJECTS ■OKADA-その他

»(もっと詳しく)

特別オファー エンジン型式:AWU 年式:02-05 ターボ 型式:1.8L Beetle New 車種:VW SD334041R プラズマダイレクト PROJECTS ■OKADA-その他?

Debian JP Project は、 Debian Project との協力関係の下に以下のような活動を行っているボランティアで構成される任意団体です

もちろん、あなたのプロジェクトへの 参加 は大歓迎です。 詳しくは、Debian JP Project について をご覧ください。